FIRE PLACE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース裸心眼:手術拒み親権停止…大阪家裁

★手術拒み親権停止…大阪家裁

「乳児、命危険」児相請求から1週間で

 脳に病気を持って生まれた乳児の手術を宗教上の理由で拒否した両親に対し、大阪家裁が昨年、児童相談所の請求から約1週間後、「親権の乱用」として親権停止の保全処分を認めていたことがわかった。医師が一時的に親権代行者となって手術を実施した。手術は成功し、乳児はその後、親権を回復した両親の元で育てられている。

 親権停止決定には通常、数か月を要するが、医師が親権代行者を引き受けたため、今回のような短期間での決定につながったという。

 関係者によると、乳児は昨年、関西地方の病院で誕生した。脳に異常が見つかったが、両親は「神様にお借りした体にメスを入れられない」と手術を拒み続け、自宅に連れ帰ろうとした。

 乳児の治療には親権者の同意が必要とされるため、病院は「養育放棄(ネグレクト)に当たる」として、大阪府内の児童相談所に虐待通告を行い、相談所は同家裁に親権停止の保全処分などを請求した。

 同家裁は、早期に手術しないと生命に危険が生じたり、重い障害が残ったりする可能性が高いと判断。請求後約1週間で保全処分を認めた。手術後、児童相談所は申請を取り下げ、親権を両親に戻したという。

 関係者の一人は「親権代行者が手術の危険や責任を『親』として背負うため、引き受け手を見つけるのが困難だが、病院側に理解があり、病院と児童相談所が十分連携できた」と話している。

(2006年10月23日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20061023ik06.htm

以下、各所からの声

つづきを表示

スポンサーサイト

ニュース裸心眼:福岡・筑前のいじめ自殺 報じた週刊新潮に自殺生徒の父が差し止め要求

★福岡・筑前のいじめ自殺 報じた週刊新潮に自殺生徒の父が差し止め要求

首都圏で19日に発売された「週刊新潮」10月26日号が、福岡県筑前町のいじめ自殺の記事で、亡くなった中2の男子生徒(13)の実名を掲載した。生徒の両親の代理人を務める弁護士は19日、雑誌回収などの措置を求める警告書を新潮社に郵送した。

同号は生徒の実名のほか、いじめたとされる男性教諭の実名と顔写真も掲載した。

警告書は「生徒や遺族のプライバシーを著しく侵害するもので、絶対に容認できない」と記し、弁護士は「同じことを繰り返すようなら断固たる法的措置をとる」と批判。記者会見した父親は「新潮社から取材を受けたことはない」と話した。

同社は「特にコメントしない」と話している。

http://www.asahi.com/national/update/1020/SEB200610190005.html

↓新潮社の記事の情報

『週刊新潮』が19日発売の最新号で、福岡・筑前町立三輪中の2年男子が自殺した件に関連してこの自殺に深く関わっているとされる同校教諭(47)の顔写真を実名つきで報じていることが明らかになった。
写真はモノクロ・35ページ左上に1枚掲載されている。

顔写真:
http://www.myuploadz.com/uploads/8ebb1a85cd.jpg

記事の一部:
http://www.myuploadz.com/uploads/043bf98f81.jpg

少年のメモ:
http://www.myuploadz.com/uploads/678a620f09.jpg


以下、各所からの声。

つづきを表示

ニュース裸心眼:一般人平均の10倍の年収である事を否定しなかった死ぬ死ぬ詐欺団のさくらパパ

★一般人平均の10倍の年収である事を否定しなかった死ぬ死ぬ詐欺団のさくらパパ
1160450368005.jpg

心臓移植をしなければ一年後の生存率は5割以下"。10万人に1人といわれる難病、特発性拘束型心筋症と診断された上田さくらちゃん。アメリカでの心臓移植の高額な医療費をまかなうため「さくらちゃんを救う会」が発足、渡航費、移植手術費、滞在治療費などおよそ1億3600 万円の集金を集める活動をスタートさせたのが先月21日。

ところが直後から、「両親ともNHK職員で高収入であることを隠していた」「募金に頼るだけで自己負担はないのか」「都内に200?もの邸宅を所有している」「募金活動が盛んにマスコミ露出できたのは、両親の人脈によるもので不公平」「治療費の多くの部分はデポジット(保証金)で手術後は返還が見込まれるが、余剰金の使途が不透明」などの批判が。

両親の年収予測や自宅の衛星写真、登記簿までが ネットにUPされる事態に発展している。
今回「小さな戦士」など難病の子供を常に応援してきた本誌に、父親が重い口を開いた。

「お金は本当に足りないんです!・・・」
(中略)
今、難病と戦うさくらちゃん不在のところで両親と『救う会』は激しい批判に晒されている。
そしてその批判は大きく分けて2つ。

1つ目は、両親の収入・資産・自己負担に関する疑念だ。「私たちがどれくらい用意できるのか、自己負担分を初めにきちんと明らかにしてみなさんにお願いすべきでした。
肝心の収入に関しては明言は避け一般人平均の10倍の年収である事を否定しなかった。
「若い頃は確かに、お金は使い放題・・・、不測の事態に備えて、なんて考えてもみませんでした。」 3年前に築15年の家を買い取り、ローン保険など月数十万かかる、と言う。
家は愛着がありさくらちゃんが戻ってきて一緒に住みたいので売り払うことは考えてないそうだ。
批判のもう1つは「基金の剰余金の使途が不透明」というもの。それには「子供の移植後の生活」、「基金の管理」などのアドバイスをしているトリオジャパンという組織の存在があるからだ。
「移植者の支援組織で、自らも子供を難病で亡くしたクリスチャン夫婦が運営しています。
(中略)
「過去の『救う会』から受託した資金の使途を明かしていない以上、誤解されないような改善を強く望みます」(難病の子供に詳しいジャーナリストの鳥巣清典さん)

「難病の子供を抱えた親を温かい目で見て、お金の面でシビアに追及しないでほしい。
受託した資金の使途は患者さんの支援や啓発活動に使っていますが、明細は公開できません。このままの状態で、活動を続けることを望んでいます」(トリオ事務局長)
これだけの説明で、どれだけの人が納得できるだろうか。(以上、一部略)

※ソース:週刊女性[10/24日号] P178~179。以下は有志によるキャプチャ
http://www.myuploadz.com/uploads/002cf6ff47.jpg
http://www.myuploadz.com/uploads/786cb0d9ce.jpg

以下、各所からの声。

つづきを表示

痛いニュース:【社会】犯人はアジア系外国人か混血日本人? 東京・世田谷一家殺害事件

犯人はアジア系か混血日本人? 世田谷一家殺害
54ee98e7.jpg

 東京都世田谷区で平成12年12月、会社員の宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で、警視庁成城署捜査本部が犯人をアジア系外国人か、混血の日本人とみて、捜査を始めたことが16日、分かった。事件は未解決のまま6年近くになるが、人種に関するプロファイリング(犯人像推定)が得られたのは初めて。犯人の血液のDNAからルーツをたどる人類学的解析で母系に欧州系民族が含まれ、父系はアジア人とみられることが判明、そこから導き出されたという。

 犯人は犯行の際に手を負傷したとみられ、現場に一家と異なる血の付いた指紋や多量の血を吸ったシャツを残していた。

 捜査本部は大学など複数の研究機関の専門家に血液のDNA解析を依頼。「あらゆる角度から分析しよう」(捜査幹部)と、DNAの塩基配列のパターンから統計的に民族や人種の系図を探る作業も進められた。

 最近まとまった専門家の見解は、父系の遺伝子の系図は日本人や韓国人、中国人を含めたアジア系民族で、母系は欧州系。通常、父系の血統に属するため、犯人はアジア系民族で、しかも、欧州系女性と混血があったと類推される。

 また、アジア系民族は歴史的に中央アジアなどの欧州系民族と混血を繰り返してきた中国人など大陸系アジア人の方が、島国の日本人よりも確率が高く、犯人像について、第1にアジア系外国人、第2に日本人でも、母親や祖母の代の比較的近い時期に外国人との婚姻があった混血-との推定に至ったとしている。

 犯人は一家を殺害後、宮沢さん宅のソファに夫妻のカード類や免許証、手帳を並べていた。暗証番号などを調べたとみられ、犯人には漢字を読み分ける能力があるとみられている。犯人のはいていた28センチの韓国製テニスシューズ「スラセンジャー」は日本で販売されておらず、韓国人の犯行とも考えられていた。

 新たな犯人像は、これらを裏付けるものだ。一方で「過去に例がない捜査」(捜査幹部)で、かなりさかのぼった祖先が混血だった可能性も排除できない難点もあり、捜査幹部は「純粋な日本人の犯行の可能性も捨てず幅広く捜査する」としている。

 DNAを使った人類学的解析 DNAの塩基配列のパターンから人のルーツを探ろうとする試みで、DNA研究の深化とともにここ数年で発展。情報量が少なく、個人差を見分けやすいミトコンドリアDNAを使った研究が一般的だが、母親からだけ伝わるため、母系しかたどれず、男性だけに伝わるY染色体を使って父系をさかのぼる研究も進められている。さらに詳しい民族の傾向性を比較するには膨大な人数のDNA情報の蓄積が必要で、各研究機関がDNAのデータベース化に取り組む。傾向性から韓国人や中国人といった分類も技術的には可能。だが、似た民族同士では取り違いが生じやすいうえ、民族と国籍は必ずしも一致しないため、日本人か外国人かの特定は難しいという。

http://www.sankei.co.jp/news/061017/sha004.htm

以下、各所からの声。

つづきを表示

痛いニュース:【JR福知山線脱線事故】「すべてを奪ったJRが憎い」恋人事故死の女性が自殺

「すべてを奪ったJRが憎い」恋人事故死の女性が自殺
20061016-00000002-maip-soci-view-000.jpg

 15日午前5時ごろ、大阪市東淀川区のマンション駐車場で、住民の無職荒川由起さん(32)が死亡しているのを、母親(59)が見つけた。荒川さんは昨年4月のJR福知山線脱線事故で亡くなった会社員芦原直樹さん(当時33歳)と13年間、一緒に暮らしていた。自宅から「私から全(すべ)てを奪ったJRが憎くて憎くてたまりません」「なおちゃんは帰って来たくても帰って来れない。由起が行くしかない」などの家族あての遺書やメモが見つかった。


 マンション11階廊下にサンダルが置かれていたことなどから、府警東淀川署は、飛び降り自殺と判断した。脱線事故の被害者関係者の自殺が明らかになるのは、初めて。

 母親によると、荒川さんは芦原さんと、結婚を約束していたといい、事故後は、芦原さんの最期の姿を知りたいと、乗車位置を特定する活動を続け、現場に何度も足を運んだが、JR西日本から支払われていた生活費の仮払いは、数か月後に打ち切られていた。荒川さんは脱線事故遺族らでつくる「4・25ネットワーク」の月1度の例会によく足を運ぶ一方、結婚していなかったこともあり、この席で、「遺族扱いしてもらえない」と漏らしたこともあったという。

 遺書でも「なおちゃんにとって存在しない人として扱われた」「何でJRに更なる苦しみを受けなあかんの」などと芦原さんを失った悲しみだけでなく、事故後のJR西日本の対応に対する怒りと憎しみがつづられていた。

 母親は「明るい子だったのに。娘が深く悲しんでいたことをJRは知っていたのか」と声を詰まらせた。

 「4・25ネットワーク」世話人で、義弟を失った上田誠さん(39)は「108人目の犠牲者が出てしまった」と沈痛な表情で話していた。

 JR西日本の土屋隆一郎専務・被害者対応本部長は「これまで精いっぱいの対応をさせて頂いてきた方なので、突然の悲報に驚いている。謹んでお悔やみを申し上げたい」との談話を発表した。

(2006年10月16日6時12分 読売新聞)

以下、各所からの声。

つづきを表示

痛いニュース:米捜査当局、14歳少女をブッシュ米大統領批判メールで取り調べ=加州

米捜査当局、14歳少女をブッシュ米大統領批判メールで取り調べ=加州
b401d3c24c145a8557-m.jpg

【ライブドア・ニュース 10月16日】- AP通信によると、米カリフォルニア州在住の14歳の少女が昨年春にブッシュ大統領のイラク戦争に抗議するため、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手のマイスペース・ドット・コムに「ブッシュを殺せ」と落書きした批判メールを投稿したところ、先週11日にシークレットサービスの捜査官から授業中に呼び出され、両親の立会いなしに15分間の取り調べを受けていたことが分かった。

この少女は、ジュリア・ウィルソンちゃんで、ジュリアちゃんは当時、ブッシュ大統領の腕がナイフで刺される絵も掲載したが、その後、歴史の授業で、連邦法に違法する行為だと知り、すぐに同メールをマイスペースから削除したが、遅すぎたようだ。

ジュリアちゃんによると、捜査官はジュリアちゃんを大統領に対する脅迫の罪で、少年院に送ると脅したという。ジュリアちゃんは、AP通信に対し、「シークレットサービスは私を怒鳴りつけ、取り調べは異常に厳しいもので、泣き出してしまった」と述べている。捜査官は11日午後にジュリアちゃんの自宅を訪れ、母親のクリスティーさんに娘を取り調べると知らせていている。

ジュリアちゃんと両親は、批判メールの取り調べの必要性を認めているものの、授業終了を待たずに呼び出したことについては、行き過ぎで、ジュリアちゃんが危険人物ではないことを早急に判断すべきだったと抗議する。事情聴取後、捜査官はジュリアちゃんに捜査の打ち切りを伝えたという。

米議会では、未成年者が学校で捜査当局の取り調べを受ける場合、両親の同意や立会いを条件としようとする動きが最近、出始めている。ジュリアちゃんは、マイスペースに新たに投稿し、イラク戦争反対の輪を広げたい考えだ。【了】

ソース元:
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2582026/detail
ジュリアちゃん写真:
http://image.news.livedoor.com/newsimage/b/3/b401d3c24c145a8557-m.jpg

以下、各所からの声

つづきを表示

亀田逃亡ニュース+亀田コラ漫画3連発

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。